インプラントの得意技は欠損した歯を植えこむことです


相場を知る

青と赤の歯ブラシ

歯を失った際に施す治療法で、最良だと評価されている治療法がインプラントです。
歯を失った際には入れ歯、ブリッジという治療法も存在していますが、それらとインプラントが決定的に異なるのは、顎骨に固定されていることです。
言うまでもなく、歯の最も重要な役目は食べ物を噛み砕くことです。
その為には、当然、強く噛める能力がなければなりませんし、強く噛む為には歯が、しっかりと固定されていなければならないのです。
入れ歯やブリッジは、しっかりと固定されているとは言えない治療法です。
しかし、インプラントは、しっかりと固定されています。
しかも、固定されている部分が顎骨というのは、天然歯と同じ構造です。
ですから、噛む力は天然歯と同等になります。
従って、最良の治療法だと評価されているのです。

長らくインプラントは保険が適用されない治療法でしたが、平成24年4月より保険が適用されるようになりました。
但し、保険適用の治療は限定的であり、その上、施設等の関する条件も厳しいものとなっています。
ですから、ほとんどの場合、保険適用外の治療となっているのが現状です。
保険適用外の治療は、歯科が独自に料金を設定できることになっています。
ならば、安い料金で治療を行っている歯科もあると考えるのが自然です。
しかし、インプラントの治療は、安くても十数万円、平均すると30万円くらいかかってしまうのです。
これは1本に対する料金です。
なぜ、これほどまでに高額な料金なのかというと、大掛かりで高度な治療の為、どうしてもコストがかかってしまうからです。
ただ、施設等、保険適用の条件を満たしている歯科も僅かながらもあるのは事実です。
そういった歯科で、尚且つ、症状が保険の適用条件を満たしていれば、安い料金で治療を受けることは可能です。