インプラントの得意技は欠損した歯を植えこむことです


噛む楽しさ

本を読む

噛む動作は、脳の活性化に繋がり老化防止にも効果があります。
また、消化の吸収を良くするサポートを行うので体内から健康になれます。
よく噛むことは、肥満、味覚、言葉の発達、脳の発達、歯周病の予防、病気の予防、胃腸の改善が期待できるのです。
上記のような嬉しい効果があるのなら、食事も是非しっかり噛みたいものです。
ある調査によると、日本で歯の無い人は全体で70%だそうです。
対して、歯に対するケアに重点をおく米国ではこれを下回る20%となっており、数字を見ても日本人が持つ歯に対する意識が薄いのが人目でわかる結果となっています。
これは高齢になった場合の結果ですが、若くして歯を失う人もいます。その為、入れ歯や欠損したまま食事を摂る人が大勢いるのです。
しかし入れ歯は見た目や噛み心地が悪いので出来れば装着したくない人もいるでしょう。
当然噛みやすい場所で食事を摂るので、体の歪みや顎関節症、健康被害に発展するのは言うまでもありません。
欠損部分をインプラントにすればまるで歯を自分の物のように扱うことができます。また、欠損した部分が新たに出来上がるので噛む楽しさを実感しながら体の不調を改善することができるのです。

インプラントを欠損場所に入れることによって入れ歯のような不安定さから解放されます。
植えこむまで時間はかかりますが、使い心地に合わせた入れ歯の調整はインプラントの場合ありませんので手間も労力も必要ありません。
手入れも簡単で、正しいブラッシングを行えば長持ちします。
とは言え、欠損したまま生活していた人にとってインプラントは救世主です。
噛む楽しさと重要性を知ったことでと食事を楽しめるのは当然ですし、何より歯がないことによる不具合やストレス解消がインプラントでできるので助かっている人が多いのも事実なのです。


リスクがない

歯のお手入れ

インプラントの他にも、欠損部分を補う方法はいくらでもあります。歯の移植は勿論、両側の歯を利用したブリッジも歯科治療に含まれます。しかし、これらは完全に定着しても長くは持ちませんし、歯を削るリスクを伴います。

Read more »

流れを知る

中身のない歯磨き粉

インプラントは、両側の歯で均等に噛む為に行う大切な施術です。しかし、何も知らないまま挑むのは不安が残るものです。大まかな治療の流れを知っておけば計画立てやすくなります。

Read more »


定着率を見る

口の中を見る

インプラントの定着率は、クリニック全体の実力を知るきっかけになります。定着率が80%超えるようであれば、優秀といって間違いありません。歯科クリニックのサイトを見て、成功事例の確認をしましょう。

Read more »

相場を知る

青と赤の歯ブラシ

インプラントは、自費治療なのでクリニックで費用が異なります。また、ネジ式と人工で検査費用に差が出てくるので比較も大事です。相談を無料で行うクリニックもあるので、それを利用して検討しましょう。

Read more »